こんな点には注意!

合宿免許を選ぶ際には、まず基本的な内容を確認しましょう。参加費用に含まれるのは何か?という点をチェックすることが大事です。基本的には教習費用、宿泊費用、食費、交通費が含まれています。食費は1日2食の場合もあれば、3食の場合もあるので注意しましょう。金額は場所や時期、コースによって異なるので、それらを踏まえたうえで、さまざまな合宿免許プランを比較検討することが大事です。

チェックまた、最初の教習では延長しなければならないこともあります。その場合の保証内容もチェックしておきましょう。追加費用がかからない教習所も少なくありません。それも比較ポイントの一つです。

費用を安く抑えたいのであれば、キャンペーンなどを利用するのも一つの方法です。時期などによっては割引されているケースや、イベントなどを開催する場合もあります。教習所の合宿免許情報をサイトでこまめにチェックするといいでしょう。

合宿免許の魅力の一つに観光地で行うことがあります。観光地ならではのイベントに参加できたり、温泉に入ったり、観光ができたりするので、ストレス解消にもなります。そこで気になるのが交通費ですが、主要都市から集合場所まで往復の交通費を出してくれる場合もあります。負担を軽減したいのであれば、そういったサービスがあるかどうかもチェックしましょう。

合宿免許選びのポイント

合宿免許のプランは自動車学校によってさまざまです。教習内容は変わりませんが、場所などの環境や費用、特典などが異なりますので、比較してみることが大事です。

インターネット比較する際のポイントの一つは生活環境です。たとえ1~2週間程度という短期間でも、快適に過ごせる合宿がいいでしょう。特に女性は部屋が個室がどうかも気になる点です。一人で合宿に参加する場合は個室の方がいいでしょう。ただし、個室ではなく相部屋のメリットもあります。相部屋の方が費用が安い、友だちになりやすい、といった点がメリットです。教習が終わって部屋に帰り、その日の講習のことや運転のことなどを話しあえる時間は貴重であり楽しいものです。しかし、教習が終わったあとは、一人でリラックスしたいとう人は、個室を選んだ方がストレスはないでしょう。

また、一人で夜を過ごす場合はインターネット環境があるかなどもチェックしておきましょう。合宿免許の楽しみは食事にもあります。最近ではホテルの食事が豪華で楽しみ、という声も多いです。どのような食事なのかも合宿免許選びにおいて重要なチェックポイントです。さらに、スキーやスノボ、スキューバダイビングなど楽しみがあった方がいい、という人は、そういったプランを探すといいでしょう。最後に注意点について説明します。

〔参考リンク〕免許合宿施設情報 / 免許の匠

さまざまな合宿免許プラン

運転免許の取得方法には、通学で通う方法のほか、合宿免許で取る方法があります。合宿免許のメリットは1週間程度の短期間で取得できるという点です。通学は自分のスケジュールで通うことができて便利ですが、予約が取りにくいことがあったり、仕事や勉強を優先したりすることも多く、免許を取得するのに3ヵ月程度かかることが多いです。それを考えると、短期間で勉強して取得した方が、効率的でしょう。

スノボーまた、費用が安くなる可能性もあります。合宿でも通学でも教習時間は変わりませんが、合宿免許の場合は、宿泊費用がかかるため費用が高いといった印象もあるでしょう。しかし、通学で免許を取得した場合と比べるとそれほど変わらないものです。通学の場合は、交通費がかかったり、補修になると追加料金がかかったりすることも少なくありません。追加料金のせいで、費用が高くなるケースも少なくないのです。また、予定していた金額よりも高くなる、ということもありますが、合宿免許の場合は最初の費用のほかは、かかることはないでしょう。

合宿免許は場所やプランによって、さまざまな楽しみがあります。スキー場の近くであれば、スキーやスノボを楽しむことができたり、海の近くであればスキューバなどのマリンスポーツを楽しんだりしながら、免許を取ることもできます。同じ目的を持つ仲間も一緒なので、相談したり、先輩に教えてもらったりしながら教習を受けることができるので、心強いのも魅力です。

合宿免許プランにはさまざまなものがあります。その中でどれを選べばいいのか?ポイントを紹介しましょう。